豊かさをわかちあい、サポートする『21世紀の旦那道』を伝える ヒロカズマ の公式サイトです。

「与える生き方」「21世紀の旦那道」実践プロジェクト

       
  こんにちは、ヒロカズマ です。わたしはいま、先に人に与える
「ペイフォワード」活動(旦那道とも言いますね)を広めようとして
います。
 
まえまえから、複数のメンターから「ひろさんも、沢山の人にご馳走
したりプレゼントしたりしたらいいよ」って教えてもらっていました。
でも聞かされるたびに、「めっそうもありません。まだまだ至ってい
ませんから」って尻込みしていたのです(笑)
 
それが2012年の元日に急に「自分もできるかもしれない。自分もそろ
そろやってみよう」と思うようになったのです。
 
そこで、「まわりの人も楽しくて、自分自身も楽しくて、なにかそれ
をうけとったら多くの人が嬉しくなるような企画、誰かに話したくなる
ような面白い企画はないものか?」って1ヶ月ほど考えました。
 
そして、2月4日の午後のこと、
「ランチを1000人のひとにご馳走したら面白いかも。そこで、出会う
みなさんが繋がったり。そのとき出会えなくても、100人ごとにお茶会
などを催して交流する。さらに500人とか1000人達成の時に、会場
をかりてみんなで達成記念講演会やパーティーをする。名称は1000人
のひとをランチに招待するのだから。『1000人ランチ!』ってことに
しよう」と閃いたのです。
 
それから3週間ほどかけて準備し、2012年2月22日にスタートしま
した。
 
わたしの周りの友人知人、そのまた友人と無制限に1000名のみなさまに
ランチをごちそうしてきました。その間、さまざまなみなさまに来て頂き
最後は2013年9月22日に 平成の大旦那である 竹田和平さんを100
0人目のゲストにお迎えして完結することができました。
 
1000人ランチでは、参加してくださったみなさまから、いろんなお話
を聞かせてもらいました。大変だった話、驚くような話、勇気を出した話、
ユニークな話、苦しかったけど抜け出せた話など。そのひとつひとつのお
話が、わたしに気づきを与えたり喜びを与えました。
 
「1000人ランチ」でわたしが得た一番のことは、「ひとりひとりに尊くて
深い人生のエピソードがある」ということだったのです。また、『1000
人ランチ」をすることによって、さらに周りの人のことを応援したいと思う
ようになりました。
 
「1000人ランチ」のように自分の中の「与える」部分につながること
を、継続的に実践すると、他の人の「与える」部分に共鳴して、気のいい
人を引き寄せます。さらに、目の前の人の「与える」部分を増幅させて、
変容させたりします。実際、「1000人」ランチに参加されたかたが、
それぞれのバージョンで与えることを始められました。例えば、「1000
人お菓子」「1000人似顔絵」「1000人お手紙」などです。
とてもありがたいことだと思っています。
 
こうしてランチ会を重ねるたびに、楽しい仲間が増えていきました。
最後に、「1000人ランチ」を達成した時に、本田健さんからもらった
言葉を紹介しましょう。
 
「人生は、どれだけ得たかよりも、どれだけ与えたかできまるね」。
 
「1000人ランチ」は、私に楽しい仲間と粋な言葉を与えてくれたのです。
 
       

プロジェクトリスト

  -現在進行中-  
  2012年2月22日~2013年9月19日
プロジェクト完了